外壁塗装における職人の技術と工法について|ローラー工法編

外装塗装をするにあたっても業者によってその方法は様々です。
「うちではローラー工法しかしていない。」だったり、「吹き付け工法もやっているよ。」といった主に2パターンの業者がいます。

実は外装塗装には吹き付け工法の他にローラー工法という施工方法があります。
これはいったいどのような工法なのでしょうか?
今回はそんなローラー工法についてお話しようと思います。

~ローラー工法って何?~
数種類のローラーを用いて塗装する方法のことを言います。
同じような塗装方法の一つに刷毛を用いて塗装をする方法もありますが、これとは異なるので注意しましょう。
最近はローラー工法で外装塗装を行うのが主流になりつつあります。
そこでそんなローラー工法について、メリットやデメリットについてお話します。


◯メリット
♦塗料の無駄が少ない
塗料を無駄に吹き漏らしてしまう吹き付け工法とは違い、ローラー工法では塗料の無駄が少ないです。
悪質な業者によっては塗料の濃度を少なくしたりして低価格化しているところもあり、注意が必要ですが、基本的に塗料の無駄が少ない分塗装にかかるコストも低く抑えられます。

♦熟練度を必要としない
吹き付け工法はその塗装方法が難しいため、業者の腕によって大きな差が出てしまうという問題点がありました。
ひどい場合は中に気泡が入ってしまったり、ムラが出来てしまったりしてしまいます。
しかし、ローラー工法は吹き付け工法に比べて塗装が簡単で、均一にムラなく塗装することもしやすくなっています。
その点では業者のスキルにあまり左右されず、安心して受けられる塗装方法だといえるでしょう。


◯デメリット
♦細かいところを塗装しにくい
様々な大きさや形のローラーはありますが、細かい部分の塗装には向きません。
基本的な技術力が無いと気泡は出来ますし、均一には濡れないのでそこは注意して業者を選ぶ必要があります。

♦模様や凹凸ができない
吹き付け工法では模様や凹凸を作ることで重厚感のある塗装ができます。
しかし、ローラー工法ではそうはいきません。比較的均一に塗りやすいものの、単調な塗りになってしまい、場合にもよりますが、見た目の美しさは吹き付け工法に比べて劣ってしまう場合が多いです。

♦作業時間がかかる
吹き付け工法では広範囲を一気に塗れるため、時間が短縮できるというメリットがありますが、ローラー工法では職人が丁寧に均一に何回も重ねて塗るため時間はどうしてもかかってしまいます。

工事を依頼する際は施工実績数や施工事例を見せてもらって業者を決め、近隣住民に一言伝えてから行うことで安心して外装塗装を済ませましょう。