外壁の塗装をお考えの方必見!外壁を塗装するタイミングとは

建物を保護するためにかかせないのが外壁塗装ですが、時間が経つにつれて塗装の効果は薄れていきます。
そのため、いつかは塗り替えが必要となります。
ただ、塗り替えのタイミングはいつが良いのか迷うものです。
塗り替えは時期によって施工のしやすさが変わり、塗装と季節の関係性について把握しておく必要があるため、今回はそれらをご紹介します。


□外壁塗装と季節の関係性
基本的に外壁塗装は一年中行うことが可能です。
また、どの季節においても天候によって工事が左右されるというのに変わりはありません。
外壁塗装に使用されている塗料は、気候条件に気をつければ問題なく塗装することができます。
そのため、塗装を行なった時期によって耐久性などが変化するということはありません。
ただ、場所によって気候や特徴は異なり、雪が降りやすい地域は塗装ができる時期が限られてくるため、季節ごとの塗装における特徴を知っておく必要があります。

*春
業者にとって一番施工しやすい季節とされているのが春です。
温度もちょうどよい暖かさであり湿度も低いため塗料が乾きやすく、職人さん達も施工をしやすい環境にあります。

*梅雨
梅雨は雨が降りやすいため、施工できる日が限られてきます。
そのため、あらかじめ日程を決めていたにもかかわらず、当日雨になって中止になる確率が高いということです。
また、雨が降っていなくても湿度が85%以上の場合は施工できないため注意が必要です。
そのため、梅雨に施工はあまりおすすめできません。

*夏
夏は気温が高いため塗料の乾きが早いです。
ただし、暑いため職人にとっての労働環境は良くなく、熱中症を避けるために作業を一旦停止することが多くあります。
また、一般的に養生期間中は窓を開けることができず、エアコンの室外機も覆われているため、冷房が使用できません。
そのため、屋内での過ごし方や施工管理について業者と話し合っておく必要があります。

*秋
秋は春と同様気温が安定しており、湿度もそれほど高くないため施工がしやすい季節とされています。
ただ、秋は台風シーズンでもあるため予定を決めておいたとしても、中止になる可能性が高いため注意が必要です。

*冬
冬は一年で一番乾燥している時期のため、塗料が乾燥するスピードが早いです。
年末年始に備えて10月から年末にかけて繁盛するため、この時期に依頼する場合は注意しましょう。


□まとめ
今回は、外壁塗装の塗り替えのタイミングを見計らう上で重要となる季節と塗装の関係性について紹介しました。
ぜひ、参考にしてみてください。