外壁の塗り替えにはタイミングが重要!その理由とは

「外壁塗装ってどんなタイミングでするべきだろう?」
そのような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

外壁は塗り替えのタイミングが重要です。
適切なタイミングで行うことで、美しい景観と機能性の保持に繋がります。
今回は、外壁塗装は塗り替えのタイミングについて解説していきます。

□一般的な塗り替え時期

*10年が目安
外壁の一般的な塗り替え時期は、およそ10年ほどと言われています。
使用されている塗料によって耐用年数は異なってくるのですが、現在主流のシリコン製塗料の場合、この期間を過ぎると塗料の効果が低下してきます。
外壁塗装をお考えの方は、まずはこの期間を過ぎているかいないかを目安にしてください。

□タイミングが大切な理由
外壁塗装は適切なタイミングで行うことが大切です。その理由を解説します。

*タイミングを逃すとどうなる?
適切な時期を逃してしまうと、防水性などの機能が低下してしまい、トラブルを引き起こして余計な工事や費用を発生させてしまいかねません。
例えば雨漏りが起きた場合、本来であれば塗装のみでよかったところ、本格的な補修工事が必要になります。

*塗料の性能が低くなる
塗料も時間が経てば性能は低くなります。
性能が薄くなったまま放置すると様々な問題が起こる可能性があります。

・防水性・撥水性の低下、それに伴う苔・藻の繁殖
・塗装のひび割れ、剥がれ
・汚れの付着

*防水性の低下が引き起こすもの
塗装には様々な目的がありますが、最も大きな目的は防水です。
鉄材や木材を雨に直接触れないようにして建物を長持ちさせるために塗布します。

ではもし防水がされておらず、直接素材が水分を含んでしまうとどうなるでしょうか?
鉄部であればサビが発生してしまいますし、木部の場合は変形や耐久性の低下につながります。
素材の耐久性が低下すると結果として耐震性の低下にもつながります。

さらに、一般的な木造住宅の場合ですと最終的に雨漏りにつながる恐れもあります。
このような状態になると追加工事も必要となるため、当初予定していた金額を大幅に超えてしまうことも考えられます。
家を大切に保つためには防水性を保持することが重要であると言えるでしょう。

□さいごに
以上、塗り替えにはタイミングが必要である理由について解説致しました。
ぜひこれを機会にご自身でも外壁の状態をチェックされてみてはいかがでしょうか?

また塗料によって耐用年数は異なりますので、現在使用している塗料に応じてタイミングを変える必要があります。
塗料ごとの特徴や耐用年数をまとめたページもございますので、気になる方はぜひご覧ください。