外壁の剥がれが気になる方必見|その原因を山形の塗装専門店が解説

「最近外壁塗装の剥がれが気になってきた。そもそも外壁塗装はどうして剥がれてしまうのだろう?」
外壁塗装に関して、このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、外壁塗装の剥がれの原因に関して、山形の塗装専門店がご紹介したいと思います。

・外壁塗装の剥がれの原因とは?
外壁塗装は通常であれば、約10年は機能が保たれるとされています。
しかし、まれに10年ももたずに外壁塗装が剥がれてきてしまうことがあります。

このような現象の原因は何なのでしょうか?
原因としては、以下のようなことが考えられます。

□洗浄不足
外壁塗装をする際は、必ず塗装の前に高圧洗浄によって、外壁に付着している汚れを除去する必要があります。
もし汚れが付着したままの状態で塗装を行ってしまうと、下地と下塗りの間にゴミが挟まった状態になってしまい、塗装が剥がれやすくなってしまうのです。

□下塗り不足
外壁塗装は下塗り、中塗り、上塗りと計三回、塗料を塗ります。
この中でも、下塗りは外壁の下地と塗料を密着させる役割があります。
この下塗りが不足していると、本来よりも早く外壁塗装が剥がれてしまいます。 

□塗料の乾燥不足
外壁塗装の過程には、塗料を乾燥させるという工程が必要です。
この乾燥という工程は、塗料の塗膜をきちんと生成させるための重要な工程です。

しかし、塗料の乾燥が不足していると、塗膜がきちんと生成されていない状態で、次の塗料が塗られてしまうことになります。
このような乾燥不足が繰り返されることによって、塗料の密着度が低くなり、外壁塗装の剥がれにつながってしまうのです。

□塗料の希釈ミス
外壁塗装の塗料は、塗料と水やシンナーなどとの適切な割合が定められています。
しかし、水やシンナーを塗料メーカーが定めるよりも多く混ぜてしまうと、塗膜が薄くなり、本来よりも早く剥がれてしまうのです。

このようなミスは、悪徳業者が意図的に行うこともあります。
水やシンナーで薄めることで、塗料費を安く抑えられるためです。

・おわりに
以上、外壁塗装の剥がれの原因についてご紹介しました。
外壁塗装はその費用もなかなかに高く、家の外観も大きく左右します。
そのような大切な工事であるからこそ、外壁塗装は安心できる業者に行ってほしいものだとお考えの方も多いと思います。

当社は、国家資格を持った職人が丁寧に仕事をしています。
山形での外壁塗装をお考えの方は、是非お気軽に当社にお問い合わせください。