外壁にヒビが入っていた!その種類と原因を解説します!

「外壁にヒビが入っていた」
「ヒビを放っておくとどうなるの?」
そのような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

外壁のヒビは軽度のものから重度のものまで様々で、中には早めの対処が必要な場合もあります。
今回は、外壁のひび割れの原因について解説していきます。

□外壁のひび割れの原因
外壁のひび割れには大きく分けて2つの原因があります。

*経年劣化
以前外壁塗装をしてからどれくらいの期間が経過していますか?
10年以上経過している場合は、塗装の経年劣化によるひび割れの可能性が高いです。
一般的に使われているシリコン塗料の耐用年数は10年ほどと言われており、その期間を過ぎると劣化が目立つようになります。

*塗装間隔が不適切
「以前塗装を行ってから数年しか経っていないのにひび割れが起こった」
このような場合は業者側に問題がある可能性があります。
塗料は下塗り・中塗り・上塗りの3回に分けて行います。(業者によっては中塗りをしないところもあります)
その間には必ず十分な乾燥を入れるのですが、この乾燥時間が不十分であった場合ひび割れが起こります。

□ひび割れには種類がある

*ヘアクラックの場合
ヘアクラックとは、塗膜部分に髪の毛サイズの線が入る軽度のクラックです。

*構造クラックの場合
構造クラックとは建物の安全性に影響を及ぼす可能性があるクラックです。
地震などの災害時に起こりやすいです。

*縁切れによるクラック
モルタルなどの外壁材に発生することの多いクラックです。
塗装を行う際には一面を一気に仕上げるのですが、途中で作業を中断し、再度そこから塗り直しをした場合、境目にヒビが起こることがあります。

□ヒビを放置すると‥

*経年によるひび割れは重症度が高め
ヒビは経年による劣化段階の中でも末期に近い状態です。
ヒビが入っている場合、そこから水分が入り込み素材そのものに影響を与えてしまいます。
放置しておくと最悪の場合雨漏りしてしまいます。

*構造クラックにも注意を!
ひび割れの中でも構造クラックには早めの対策が必要です。
構造クラックは放っておくと建物の耐久性に影響を及ぼす恐れがあります。

□最後に
ひび割れを見つけたら早めに業者に連絡するようにしましょう。
ひび割れは塗装の剥がれや性能低下にもつながりますので対策が必要です。
早めの対策は外観を美しく保つだけでなく、家の長持ちにもつながります。

当社ではひび割れの他にも塗装に関する様々な疑問やお悩みにお答えしております。
是非お気軽に株式会社IKEDAまでご相談ください!