外壁が剥がれた!どうして?そのお悩みを解決します!

「外壁が剥がれた!なんで?」

「気がつかない間に外壁が剥がれていた」「機能を失ってしまっていた」ということはよくあることです。
外壁塗料も消耗品ですから、時間が経つと不具合が生じます。

ここでは外壁が剥がれる原因と、放っておいた場合に何が起こるのか解説していきます。

□外壁の剥がれの原因
外壁が剥がれる原因は大きく分けて3つあります。

*その1:耐用年数が過ぎた
以前外壁を塗り替えてからどのくらい経っていますか?
年月によって塗装が劣化している可能性があります。
一般的に広く使用されているシリコン塗料の場合ですと10年ほどが耐用年数と言われています。
その期間を過ぎると、ひび割れ、剥がれといった劣化が進行します。

*その2:外壁の洗浄不足
「この間塗り替えたばかりなのに剥がれてきている‥」なんてことはありませんか?
この場合、塗布するタイミングで行う高圧洗浄が不十分であった可能性があります。

高圧洗浄は、外壁に塗料を浸透させやすくするために、外壁の汚れや塗膜を洗い落とす工程のことです。
この工程が不十分であった場合、新しい塗料を以前の古い塗膜の上に塗ることになるため耐久性の低下につながります。
塗装を行ってから1年しか経っていないのに剥がれが生じたという場合は、業者のミスによることが多いです。
業者に報告すれば塗り直しをしてくれますので、放置しないようにしましょう。

*その3:塗料の下塗り不足
塗装は下塗り・中塗り・上塗りと塗膜を重ねながら行うのですが、下塗りが不足すると上塗りの耐久性が低下し、剥がれやすくなります。

□外壁の剥がれの対処法

*塗装業者に相談しよう
塗装の剥がれを見かけたらまずは塗装業者に相談しましょう。
工事料金がかかってしまいますが、早い段階で対処すればそれだけ安くすみます。
状態によっては今後より大きな劣化につながり、より高額な工事が必要になってしまいます。

□もし放っておくと‥

*素材が直接ダメージを受ける
外壁が剥がれていると、建物の素材に直接雨や紫外線が当たってしまいます。
木材に雨が染み込んだ場合、木材の変形が起こる可能性がありますし、紫外線は素材そのものを劣化させます。
また、最悪の場合雨漏りが起こってしまいますので、外壁の剥がれは放置しないようにしましょう。

□最後に
以上外壁の剥がれの原因について解説致しました。
当社ではこの他にも外壁塗装に関する疑問やお悩みにお答えしております。
まずはお気軽に株式会社IKEDAまでご連絡ください。