外壁が剥がれる原因とは?外壁が剥がれる二つの原因

みなさんの家の外壁は剥がれていませんか?
外壁は家の外観をきれいに保つだけでなく、家を守る重要な役割を担っています。せっかくお金も時間もかけて外壁を塗り替えたばかりなのに、すぐに剥がれてきてしまうとショックですよね。
しかし、外壁がすぐに剥がれて困っている方は大勢いらっしゃいます。
ではなぜ外壁は剥がれてしまうのでしょうか?

この記事では外壁が剥がれる原因についてみなさんにお伝えしたいと思います。


□外壁が剥がれる原因
家の外壁は毎日紫外線や風雨にさらされているため、時間が経つにつれて劣化してしまうことは仕方のないことです。
外壁の劣化に見られるひび割れやチョーキング現象、藻やコケの発生はこのように、時間の経過と共に劣化する経年劣化による場合がほとんどです。しかし、外壁の剥がれは経年劣化によるものではない場合が多いです。
では何が原因なのでしょうか?
ここでは2つの原因をご紹介したいと思います。

*下地処理の不足
塗装を行う前には必ず、下地処理を行う必要があります。
下地処理には高圧洗浄やコーキングがあります。
高圧洗浄とは高圧発生装置で加圧された高圧水を噴射し、その衝撃を利用して、外壁に付着した汚れを落とす作業のことを言います。高圧洗浄を行うことで見た目がきれいになることはもちろん、汚れを取り除くことで外壁と新しい塗膜の密着力を高め、塗装効果を長持ちさせる効果があります。
コーキングとは、外壁塗装の際に、塗材と塗材をくっつけるクッションのような役割を担っているものです。コーキングがないと隙間ができてしまうため密着力が弱まってしまいます。
このように、下地処理は塗料の密着力を高めるために非常に重要です。
もしも下地処理をきちんと行わずに塗装をしてしまうと、塗装がすぐに剥がれてしまう原因になってしまいます。

*下塗り塗装を行わない・下塗り塗料選択ミス
外壁に塗料を塗る際は、基本的に下塗り・中塗り・上塗りといったように重ね塗りが行われます。
そして、下塗りには下塗り専用の塗料が使用されます。この下塗り専用塗料は次に塗る中塗りや上塗り用の塗料との密着力を高める接着剤のような役割を担っているため非常に重要です。
ところが、コストを安く抑えようとする悪徳業者や手抜き業者は、この下塗り塗装を行わない、もしくは適切な下塗り塗料を使用していない場合があります。
下塗り塗料を適切に行わないと密着力が弱いため外壁がすぐに剥がれる原因になってしまいます。


□おわりに
 以上、外壁が剥がれる原因をお伝えしました。ぜひ参考にしてみてください。