外壁塗装でありがちなトラブル!失敗に学ぼう!

こんにちは、株式会社IKEDAです。

外壁塗装は業者に任せたら100%上手くいくというわけではありません。
実は、外壁塗装の工事に際してトラブルが発生するケースが何件もあります。

今回はそうした自体にならないように、実際に起きたトラブルの事例を紹介をしていきたいと思います。
こちらの記事を参考にして、あらかじめトラブルに備えられるように準備しておきましょう。

トラブル事例1
<選んだ業者があまりいい仕事をしてくれなかった>
外壁塗装業者の中には訪問営業をしているところがあります。
たいていは、かなり雰囲気のいい営業マンで、色々と親身になって話を聞いてくれることも多いです。

しかし、訪問営業で契約を取ろうとしてくる外壁塗装業者はしっかり見極める必要があります。
実際に起きたケースとしては雰囲気のいい営業マンが急に自宅にやってきて住宅の下見をし、劣化している箇所があるなどと危機感を煽り、さらに今なら安くできるなどという謳い文句で契約を迫ってくるというものです。

結局、この住宅に住んでいらっしゃった方は、勢いに押されて契約してしまいました。
工事は無事終えたのですが、それからたった数年ですぐに外壁の劣化が始まり、外壁の状態が悪くなってしまったのです。


このケースのアドバイスとしては、基本的には訪問営業に来る外壁塗装業者とは契約をしないようにするということです。
焦って契約しても、長い目で見るとさらにお金がかかってしまいます。
自分の足で、信頼できる業者を探しましょう。

トラブル事例2
<塗装業者にご近所あいさつをお願いした>
外壁塗装業者の中にはご近所あいさつを代わりにしてくれるところが多いです。

しかし、実際に起きた事例として、ご近所挨拶をお願いしたのにしてくれていなかったというケースがあります。ご近所あいさつを業者に任せてしまったAさんは、工事中にご近所の方が迷惑していると言っていたということを小耳にはさんでしまい、落ち込んでしまったようです。

こうした事態を起こさないようにするには、やはり誠意を見せるためにも、ご自身で業者にあいさつするということが一番でしょう。

トラブル事例3
<外壁の色が見本とは違う>
これはかなり重要なトラブルですね。皆さんに知っておいて欲しいことですが、カタログや見本帳にある物は周りが白いということもあり、色が濃く見えてしまいます。
実際の住宅は青色や緑など、周りの様々な色に囲まれているので見本帳とは少し薄く映ってしまったりしまいます。
このトラブルを避けるためには、試し塗りやカラーシュミレーションをしてもらって対策するようにしましょう。


いかがでしたか?
上記の事例を参考にして、快適に外壁塗装を行えるようにしましょう。