外壁塗装をするタイミングと時期について徹底解説!

「マイホームを綺麗に維持しておきたい!」とお考えのみなさん!
家は毎日過ごす大切な場所であるため、出来るだけ綺麗に保ち、気持ちよく過ごしたいですよね。

家の中はもちろんですが、家の外も綺麗に保ちましょう。
家の外観を左右するのは外壁の塗装ですよね。
皆さんの家の外壁は十分に綺麗な状態でしょうか?
自分の家の外壁を塗り替えるタイミングはしっかり観察しないとわかりません。

そこで今回は、外壁と塗り替えるタイミングについてご紹介します。
また、塗り替えるタイミングは決まっても、1年のどの季節に塗装業者に依頼するのが最適なのかはわからないという方へ、外壁塗装に最適な時期についてもご紹介します。

●10年が目安
外壁塗装を塗り替える時期は塗料の種類によっても異なります。
最も普及しているシリコン塗料の耐用年数は15年、次に普及しているウレタン塗料の耐用年数は10年と言われています。
目安としては前回の塗り替えから10年経ったら塗装の塗り替えについて検討するようにしましょう。

●塗り替えるべき塗装の症状
風邪の症状に咳や鼻水があるように、寿命を過ぎた問題のある塗装にもいろいろな症状が現れます。
主な症状としてはひび割れ、色あせ、チョーキング現象が挙げられます。

ひび割れは文字通り、塗装にひびが入っている状況です。ただ外観が悪化するだけではなく、このひびから雨水が侵入して建物の構造を腐らせてしまう可能性があるので大問題です。

色あせは、塗装の色が薄くなっている現象です。南側の太陽光にさらされている外壁に出来やすい現象ですので、北側の外壁と比較して確認しましょう。

チョーキング現象は外壁を素手で触った時に、チョークのような白い粉が手についてしまう現象のことです。
いずれの症状も外壁の寿命が近い、もしくは過ぎてしまったことを表しているので、この症状を確認したら外壁塗装を考えましょう。

●外壁塗装に最適な時期
外壁塗装は天候によって大きく左右されます。
特に雨は外壁塗装の天敵です。
雨が降ると塗りたての塗装が流れてしまうからです。

そのため、梅雨の時期の外壁塗装はなるべく避けましょう。
雪が降る地域の方は冬も避けた方が無難です。
台風が頻繁に上陸する地域の方は秋も避けましょう。

一般的には、梅雨前の春や夏が塗装に最適なシーズンであると言えます。
とはいっても、地域によって天候に差はありますよね。
地域の天候に詳しい、地元の塗装専門会社に依頼すると、適切な時期に塗装を行えるため安心です。
その会社の人のアドバイスに従って、最適な季節を選択しましょう。

以上、外壁塗装のタイミングと塗装に最適な季節についてご紹介しました。
まずは皆さんの家の外壁の状態を確認し、「外壁塗装が必要かも?」と感じられたら、お気軽に池田塗研にご相談くださいね。