外壁塗装タイミングが知りたい!塗装の時期を見極める方法

みなさんは、これまでに外壁の塗り替えを考えたことがありますか?
そもそも、外壁についてこれまで考えたことなどないという方の方が多いと思います。

しかし、外壁について日頃から考えることはなくとも、家に住んでから10年以上経過すると外壁の耐用年数を迎え始めます。

そうなってくると、外壁の塗り替えを考えなくてはならない時期になってきます。

そこで問題になってくるのが、塗り替え時期が近くなってきたが、いつ外壁の塗り替えをすればいいのか分からないという問題です。

そこで、今回は外壁の塗り替えタイミングと、そのタイミングを見つける簡単な方法についてご紹介したいと思います。


◆外壁塗装の塗り替え時期はいつ頃なのか?
外壁塗装の塗り替え時期は、ご自宅に使用されている塗料によって変わってきます。

最も多くの住宅に使われているシリコン系の塗料であれば、耐用年数は10~15年ほど言われています。

ですので、10年を迎えるころからご自宅の外壁の塗り替えについてはしっかりと考え始める必要があります。


◆外壁塗装の塗り替え時期を見極める簡単な方法
外壁塗装の塗り替え時期を判断するのは、素人には少し難しいように感じるかもしれません。

しかし、簡単に塗り替え時期を見極める方法もいくつか存在します。
今回は、その中の1つであるチョーキング現象についてお話したいと思います。


みなさんは、外壁に触れた時に手に粉のようなものが付いた経験はありませんか。

それが、チョーキング現象です。

外壁塗装が雨や紫外線に長年に渡ってさらされることで、耐久性が失われて塗料に含まれている顔料が表面に現れる現象です。

この現象が発生するということは、外壁を塗装している塗料の耐久性がなくなっていることを意味しているので、外壁塗装の塗り替え時期だと言えます。

もしも、自宅の外壁塗装の時期で迷われているのであれば、一度ご自宅の外壁に触れてみてください。

その時に手に粉が付けば、ご自宅の外壁塗装は塗り替え時期に来ていると言えるので、塗装業者を探す必要があります。


◆ここまでのまとめ
ここまで、外壁の塗り替えタイミングとそのタイミングを見つける簡単な方法についてお話してきました。

外壁塗装の時期にお悩みであれば、塗装業者に外壁の診断を行ってもらうのも良いかもしれません。

池田塗研では、無料診断も行っています。

また、専門的な知識と技術のある資格を習得した自社職人による外壁塗装はもちろんのこと、最長10年の保証や半年、1年の定期点検などアフターサポートも行っています。

外壁塗装をお考えの際には、ぜひ池田塗研にご相談下さい。