家の外壁塗装のタイミングは塗料で決まる?塗り替えを先延ばしにする方法

みなさんは、お家の外壁塗装の塗り替えタイミングをご存知でしょうか。

外壁の塗装を考えることは、日常生活ではあまりないかもしれません。

しかし、ふとした瞬間にご自宅の外壁を見た時に、自宅に住み始めた頃に比べて、塗装のツヤがなくなって色褪せ始めていたり、外壁にひび割れができていたりするのを発見して、月日が経過したことを実感されるかもしれません。

そういった変化は外壁塗装の塗り替えタイミングが近いことを意味しています。

今回この記事では、そんな外壁塗装の塗り替えタイミングと、それを先延ばしにする方法についてお話していきたいと思います。


◆外壁塗装の塗り替えタイミングは塗料に左右される?
外壁塗装の塗り替えタイミングは、使用する塗料に左右されることが大きいです。

例えば、最も使用されることの多いシリコン系の塗料であれば、耐用年数は10~15年ほどですが、耐久性に優れているフッ素系塗料ならばシリコン系塗料よりも長い15~20年ほど持つとされています。

こうして見ていただくと、塗料による影響は大きなものだと思います。

ご自宅に使用されている塗料が分かれば、大体の外壁塗装の塗り替え時期についても予測ができるようになります。


◆塗り替えタイミングをできるだけ先延ばしにするためには?
外壁塗装をできるだけ長持ちさせるには、耐久性が高く、耐用年数の長い塗料を使用するのが良いでしょう。

もう1つには、しっかりとした塗装業者に依頼することも大切になってきます。

外壁塗装で耐用年数よりも早く劣化してしまう原因として挙げられるのが、塗装工事の際の施工ミスです。

例えば、外壁塗装を行う前には塗料がしっかりと密着できるように外壁を高圧洗浄します。

しかし、この作業を適当に行っている業者であれば、どれだけ良い塗料を使用していても外壁と塗料の間にゴミやほこりが入ってしまい、綺麗に密着しないので耐用年数が短くなってしまいます。

こういったことのないように業者選びもしっかりと行うことが大切です。


◆ここまでのまとめ
ここまで、外壁塗装の耐用年数についてお話してきました。

外壁の耐用年数は、塗料と塗装業者の技術に影響されることが多いです。
塗料もしっかりと耐用年数の長いものを選びながら、塗装技術のある業者を選ぶようにしましょう。

池田塗研では、専門的な知識と技術のある自社職人による外壁塗装を行うだけでなく、最長10年の保証や半年、1年の定期点検などアフターサポートも行っています。

外壁塗装をお考えの際には、ぜひ池田塗研にご相談下さい。