外壁塗装の塗り替えの時期って?

あなたのお家の外壁は、しっかり機能していますか?まだ大丈夫ですか?
と言われて外壁の状態を完璧に把握しておられる方は少ないと思います。
家の壁を日ごろから意識することはほとんどありませんよね。
しかし、外壁は砂埃にさらされ、酸性雨や紫外線を浴び続け、実は毎日かなりの負担を強いられてながら、頑張ってくれています。
そして外壁には様々な重要な役割があり、家を長持ちさせるためには欠かせません。

そんな大事な外壁の塗装の塗替えはいつ行うのが最適なのでしょうか。
今回は、塗替えを行うべきタイミングについてお話します。


一般的に、外壁の塗り替え時期として適しているのは、家を建ててから10年目くらいの時期と言われています。
その後も10年を目安に塗り替えるといいでしょう。
定期的に外壁を塗り替えることによって、家の美観を維持することができ、家の耐用年数が延びるため住宅の資産価値も高まります。

しかし、この10年という数字はあくまで目安でしかありません。
これまでにご紹介したように、使われる塗料や環境によって耐久年数は異なるからです。
そのため以下の症状がお住まいの外壁に見られないか、確認して頂きたいです。
・ひび割れがある
・塗装が剥がれている
・外壁に汚れが付着している
・外壁が色あせている
・塗装がふくれている部分がある
・カビが発生している
・藻が発生している
・サビがある
・腐食しているところがある
・チョーキング現象の発生

チョーキング現象とは、外壁の表面を手で擦った時に、手に白い粉がつく現象のことをいいます。塗料の防水効果がなくなることにより起きてしまいます。

以上のような症状が外壁に1つでも見られたら塗替えのサインです。
このサインを見逃して放置し続けると、どんどん劣化や痛みが酷くなってしまいます。
ひどく劣化すると家の基礎などにも影響します。
基礎に影響がでると、外壁の内部の工事も行わなくてはなりません。
そうなると、外壁塗装以上の費用がかかってしまうのです。
費用の節約のためにも、少しでも早い劣化・痛みの発見がとても大切です。


いかがでしたか?
毎日外壁をチェックするのは難しいことと思います。
ですが、月に1回のペースならチェックできますよね。
チェック項目に一つでも当てはまれば、是非私どもにお気軽にお問い合わせください。