外壁塗装の色選びで失敗しないコツ

外壁塗装リフォームではどのような塗料を選ぶか悩むと思いますが、色選びも悩むところであると思います。
外壁塗装のカラーバリエーションは数多くあるので、どれがいいのか考えれば考えるほどわからなくなってしまいますよね。
また、一度塗ると10年ほど塗り替えることはないでしょうから、納得できない色になっては大変です。
そこで、今回は外壁塗装における色選びについてご紹介します。


まず、色を選ぶ時に注意してもらいたい点が2つあります。

1つは、色の面積効果です。
色の面積効果とは、同じ色であっても面積の小さいカラーサンプルと面積の大きい外壁とでは見え方が異なることをいいます。
これは、人間の目の錯覚です。
この効果が働くと、明るい色の場合は面積が広いところでは、より明るく見えます。
逆に、暗い色の場合は面積が広いところでは、より暗く落ち着いて見えるのです。
ですから、希望する色が明るい色なのか暗い色なのかを見極めて、面積を大きくするとどう変化するかを予想することが大事です。
ある程度色が絞りこめた段階で、業者にお願いをしてA4サイズにカラーサンプルを拡大して見せてもらうといいでしょう。


もう一つの注意すべき点は、光源色です。
色は室内の蛍光灯の下と外に出て太陽光線の下で見る色とは、全く見え方が異なります。
しかし、外壁を見るのは太陽の下なので、外壁や屋根の色を決める場合、最終的に屋外で実際にどのような色になるのか面積効果も含めて予測することが必要です。
また、屋外は直射日光ではなく自然に反射された光が当たる場所で色を考えるのがおすすめです。


以上が注意すべき点ですが、他にも色を選ぶポイントがあります。
それは、家の周りの環境を見て周囲の住宅の色と同調させるのか、目立たせるのかを事前に決めておくことです。
そして、黒や白、原色などのはっきりとした色よりも落ち着いた色がおすすめです。
なぜなら、はっきりとした色は汚れが目立ちやすく色褪せや変色がしやすいからです。
また、はっきりとした色は警戒されてしまいます。
例えば、真っ黒の外壁の家が近くにあったら威圧感を感じてしまいますよね。


いかがでしたか?
これらのポイントに気をつければ、外壁塗装の色選びで失敗することはないでしょう。
外壁塗装の色選びは、大変ですが塗り替えの醍醐味でもあります。
家のイメージが大きく変わり、新しい家のように生まれ変わります。
是非、納得のいく色選びをして下さいね。