本当に必要?外壁塗装を行う理由とは!

「外壁の塗り替えってやってもやらなくてもいいんじゃない?」と思われる方が多くいらっしゃると思います。
確かにやる必要がないものにお金を支払ってまで塗り替えを行おうとは思いませんよね。

もちろんですが、外壁の塗り替えには行うべき理由があります。
今回はその必要性についてご紹介していきます。

・外壁塗装は見た目をキレイにするだけじゃない!
「外壁塗装=見た目をキレイにする」と思われがちですが、実際はそれだけではありません。
外壁塗装を行うことで、劣化していく外壁を機能的に向上させて、建物自身の寿命を延ばしていくことができるのです。

というのも外壁は24時間ずっと雨、風、紫外線、振動、排気ガスといったものからダメージを受けています。
そのため家を建ててから月日が経てば、外壁の本来の機能が低下することは避けられません。

外壁は皆さんが思っている以上にダメージを受けており、そのダメージが大きくなっていくと、塗装が劣化し、ひび割れが起こってきます。

こういったことを避けるためにも外壁塗装を行うのです。

・費用も抑えることができる
もし外壁がダメージを受けっぱなしで、ひび割れが起こってしまうとどうなるのでしょうか。
ひびが起こったところから雨水や湿気が内部に染み込み、雨漏りや構造体の腐食を引き起こしてしまいますよね。
家族が住んで暮らす家ですから、建物の腐食を放置しておくわけにはいきません。

となると、必然的に修理やリフォームが必要となり、本来外壁塗装をしておけば免れた費用が発生することになります。
ですので、塗り替えを行うことで費用を抑えることができると言えるのです。

・塗り替えを行う目安は?
家を建ててから外壁の塗り替えをまだやっていない!という方は多くいらっしゃると思います。
塗り替えは家を建ててからおよそ10年目が適切な時期です。

もちろん10年がまだ経っていなくても建物の状態で塗り替えが必要となってくる場合もあります。
ひび割れがある、塗装が剥がれている、外壁に汚れが付着している等の外壁の痛みは塗り替えのサインです。

「自分の家の外壁は大丈夫だろうか...」とご心配な方は、専門業者に相談してみるのがいいでしょう。

外壁の塗り替えの必要性についてご紹介しましたがご理解いただけましたか。
建物は必ず劣化していくものなので、メンテナンスももちろん行わなければならないことです。

山形県にお住まいの方で外壁塗装が必要なら、ぜひ私たち池田塗研にご相談ください。