外壁塗装の業者選びのポイントを知って悪徳業者を避けよう!

外壁塗装は高い費用がかかるので業者選びに慎重な方も多いのでしょう。
しかし、多くの業者がいる中でどの業者が良い業者なのか判別がつきづらいですよね。

実は外壁塗装業界には悪徳業者が多いので、業者選びに失敗すると大損する可能性があります。
そこで今回は、業者を選ぶ際のポイントをご紹介します。

□外壁塗装業界は悪徳業者が多い!?
まず知っていただきたいことは外壁塗装業界には悪徳業者が多いということです。
独立行政法人国民生活センターではトラブル相談件数が1日に約15件も寄せられます。

外壁塗装についての情報が分かりづらいため、悪徳業者が顧客を騙しやすい原因となっています。そ
のため外壁塗装をする際は業者選びが重要なポイントになります。

□塗装業者の種類を知ろう
塗装業者にはハウスメーカー、リフォーム業者、地元業者の3種類の業者がいます。
その中でもハウスメーカーの場合、実際の施工は下請け業者になります。

そのため、中間マージンが発生することで費用が割高になる可能性や下請け業者が利益を確保するために雑・手抜きの塗装になる可能性があります。

□知り合いからの紹介は危険
外壁塗装の業者選びの時に良くあるパターンが知り合いから紹介された業者を選ぶというパターンです。
その知り合いが外壁塗装のことに詳しければ問題ないですが、一般の方はそういうわけではないと思います。
知り合いに紹介してもらうのではなく、自分で業者を選びましょう。

□複数の業者から見積もりをもらおう
外壁の状態が悪い場合、なるべく早く塗り替えをした方が良いですが、即決するのではなく、複数の業者から見積もりをもらって検討した方が良いでしょう。
その業者が悪徳業者である可能性や相場より高い見積もりを出されている可能性もあります。
複数の業者に見積もりを出してもらうことで、相場通りの外壁塗装工事ができます。

□保証がしっかりしているか確認しよう
業者によって保証対象や保証期間がバラバラです。自社で独自の保証を用意している業者もあります。
そのため、業者の保証内容についても見ておかなければいけません。

外壁塗装の保証で重要なのは「どの部分を保証してくれるのか」「塗装のどの状態を保証してくれるのか」「何年保証してくれるのか」という点です。


いかがでしたか?
外壁塗装はあまり親しみがないのでわかりづらいと思います。
しかし、悪徳業者はそのように思っていることを利用して騙してきます。
悪徳業者を選ばないため、自分にあった業者を選ぶためにも、ぜひ参考にしてくださいね。