外壁塗装の時の「足場」って何なの?本当に必要なの? 

こんにちは、株式会社IKEDAです。

外壁塗装工事を行う際に必ずと言っていいほど必要になってくるのが足場なのですが、皆さんは足場がどういったものかご存知でしょうか?
あまり知らない方だと、そもそも足場の重要性も考えることはありませんよね。

そこで今回は外壁塗装にまつわる足場についての基礎知識についてご紹介していきます。

■足場とは
足場とは、その名の通り、外壁塗装工事を行う際の足場のことを指します。
外壁塗装工事は、当然のことながら2階や3階などの高いところでも工事を行います。

外壁を塗装する際には、安全面はさることながら、塗装の出来にもこだわらなければなりません。
塗装の出来をよくするためには、安定した足場が必要です。こうした安全性と工事の質という点で、外壁塗装工事の際には足場が必要になってくるのです。

■足場は外壁塗装業者が設置するの?
足場は塗装業者自身が用意する場合と、足場専門の業者にお願いする場合と二通りあります。
もちろん、すべて工事に必要になってくるものですので、工事を依頼した人が費用を負担する必要があります。
それでは、足場の相場価格はどのくらいなのでしょうか?

■足場の相場は?
足場の相場価格は一般的に、1平方メートルにつき700円から1000円と言われています。
足場は、見積もりの価格が大きい分、相場がわかりづらいですが、おおよそ上記の価格くらいです。

もっとわかりやすくするために、平均的な一戸建て住宅にかかる金額をお伝えいたします。
もちろん住宅の大きさにもよりますが、おおよそ20万円前後が足場代としてかかる場合が多いです。

■足場費用を節約したいという方へ
皆さんの中には、外壁塗装にかかる費用をなるべく安くしたいという方がいらっしゃるかもしれません。
そうした考えから、なるべく足場価格を安く済ませたいと考える方も多いのではないのでしょうか?

しかし、そうした方は注意が必要です。
基本的に、足場を組むには1日から半日はかかります。
これくらいの時間をかけなければならないほど、足場を組む作業は慎重に行わなければなりません。

しかし、足場にかける費用を安くするということは、足場を借りる期間を短くするということとなり、つまるところ、工事の期間を短くするということを意味します。

工事の期間が短くなると、工事を普段より早いスピードで行わなければならないため、その分事故や工事の手違いが発生してしまい、結果的に塗装の出来も悪くなってしまうということなるのです。

この場合、またすぐに塗装工事を行わなければならなくなることが多いので、長い目で見ると、金銭的にも手間のかかり具合を考慮しても負担がより大きくなってしまいます。


いかがでしたか?
足場の役割や相場を知っておくことで、それにどれくらいのお金をかけるべきなのかがわかるかと思います。
ぜひとも参考にしてくださいね。