あなたは大丈夫?外壁塗装の悪徳業者とは よく使われる手口編

前回の記事ではなぜ塗装業界に悪質な業者が多いのかを解説しました。主な理由は二つありましたよね。工事費用の相場が知られていないという点と、手抜き工事をしても素人には判断がつかないという点でした。被害の件数も多いので、怪しいと感じたら注意が必要ですよね。ではどうすれば悪徳な業者だと気付けるのでしょうか?一番の対策は相手がどのような方法を使い、言い寄ってくるのかを知ることですよね。「知は力なり」とはよく言ったもので、手口さえわかっていれば落ち着いて悪徳業者であると見抜けるはずです。そこで今回は悪徳業者の常套手段を簡単にご紹介していきます。悪質な業者に騙されないよう、ぜひ今後の対策の参考にしてください!

訪問販売の際の悪徳業者のポイント
悪徳な業者の手口に多いのが、唐突な訪問販売です。彼らはいきなり押しかけてきて、「外壁の劣化が激しく、ほっておいては危険だ」などと吹聴してきます。このように、いきなりの訪問販売で極端なことを言ってくるのは確実に悪徳業者です。お客の不安をあおる狙いがあるのでしょう。しかし、外壁が劣化したからと言って、急に家が住めなくなるというようなことはまずありえません。また期間限定のキャンペーンなどと偽り、契約を急がせてくる業者もいます。これはお客に考えさせたり、調べさせる時間を与えないことが目的です。訪問販売をしてきたその瞬間に契約を迫ってくるような業者は怪しい証拠です。

オリジナル商品や大幅な値引きには要注意!
他にも、100万や300万といった普通ではありえないような割引をしてくるのも彼らの特徴です。例えば、「モデル工事をさせていただければ、100万円の値引き価格にします」とか「足場代が無料サービスなので半額となります」といった具合です。さらに、異様に長い耐用年数を提示してきたりもします。この手口をつかう際、自社オリジナルの塗料と言って質の悪い製品を売りつけてくるような場合もあります。このどれかでも当てはまれば要注意です。まず、このような大幅な値引きがされるような正規の業者はありません。また、大手塗料のメーカーはコストと時間をかけて塗料を開発しているので、そのような自社ブランドの製品が品質で勝ることはないのです。

いかがでしたか?今回は悪徳業者の常套手段について解説しました。ポイントとしては、訪問販売に気を付けること。さらに、何十万もの値引きやオリジナルの塗料を提示してくる業者も警戒するという言ことです。手口を少しでも知っていれば、だまされる可能性も低くなるはずです。