あなたは大丈夫?外壁塗装の悪徳業者とは 基礎知識編

あなたは大丈夫?外壁塗装の悪徳業者とは 基礎知識編
あなたはこれまでに外壁塗装会社を装う怪しい訪問販売を経験したことはありませんか?実は、外壁塗装や屋根塗装に関する悪徳業者の被害は大変多くなっています。訪問販売はなくとも、胡散臭いテレフォンセールスが来たことがあるというかたも多いかもしれません。でも「私ならすぐ見抜けるし大丈夫!」と思っていませんか?油断は禁物ですよ。実際に2015年には6千件以上のリフォーム関連の被害が国民生活センターへ報告されているのです。そこで今回からはそのような被害者にならないようにどうすればいいのかを簡単に解説していきます!

どうしてこの業界に悪徳業者は多いの?
そもそもなぜ塗装工事をうたう悪徳業者が多いのでしょうか?第一の理由としては普通の人には費用の相場がわからないからです。皆さんは新聞の折り込み広告やテレビCMなどで外壁塗装やその塗料の宣伝をよく見かけますか?あまり目にすることはありませんよね。これは、悪徳業者には好都合なのです。なぜなら、相場からすればあり得ないような高額な請求をしてもばれにくいからです。工事が終わった後、正規の業者の見積もりを見て初めて気づく、なんてこともあり得ますよね。今はインターネットで簡単に相場や施行事例を知ることができるので、きちんと自分で調べてみてくださいね。

手を抜いても素人にはわからない
もう一つの理由としては、「手抜きの工事」がしやすいということが挙げられます。塗装のうまい下手は素人にはなかなか判断がつかないですよね。極端に言えば、普通の人が塗っても工事直後にはきれいに見えることだってあります。業者が多少の手抜きをしても、依頼には違いが判らないのです。一般的に、外壁や屋根の塗装は3回くらいの上塗りをします。これは塗装の耐久性や、見た目の美しい仕上げをするためです。しかし、仮にこの作業を業者がしなくても、素人は見分けることはできないのです。もちろん時間がたてば、工事の粗さがわかってくるのですがその時にはすでに「後の祭り」となっていますよね。

いかがでしたか?今回からは塗装会社を装った悪徳業者についてご紹介していきます。初回の今日はなぜ塗装工事が手段として選ばれるのかをお伝えしました。理由は主に二つあって、相場がわからないということと、てぬきがばれにくいということでした。被害の件数も多いので、訪問販売などで塗装業者を名乗る人物が来たら注意してください。次回は悪徳業者がよく使う手口をご紹介します。