外壁にひびが入らないためには?ひびが入る原因やその対処法

みなさん、住宅の外壁にひびが入った経験はありませんか?
外壁にひびが入ったら要注意です。
なぜなら放っておくと、そのひびの入った部分から雨水が侵入して、知らないうちに住宅の構造自体が劣化していってしまう可能性があるからです。
では、このような雨漏りや劣化の原因ともなるひび割れはなぜ起こるのでしょうか?

この記事ではひび割れの種類とその原因や対処法についてお伝えします。


□ひび割れの種類と原因
*ヘアクラック
ヘアクラックとは幅が0.3ミリメートル以下で深さ4ミリメートル以下と、髪の毛ほどのひびであることからヘアクラックと名付けられています。ヘアクラックが起こる原因として、塗年劣化・新築時の手抜き工事(塗装作業の際に乾燥時間を十分に設けなかったなど)が挙げられます。

*乾燥クラック
乾燥クラックは特に、モルタル外壁のような湿式工法の外壁材に起こりやすくなっています。
ひび割れが起こる原因としては、湿式工法の外壁材は乾燥の過程で収縮が起こりやすく、そのため外壁が完全に乾燥してから塗装を行う必要があります。
ところが十分に乾燥しないままで塗装をしてしまうと下地の収縮に塗装した面が付いていけなくなり、ひび割れが生じてしまうのです。

*構造クラック
構造クラックとは、幅は0.3ミリメートル以上で深さは5ミリメートル以上と、非常に大きなひび割れのことを言います。
大震災などの強い地震・建物の不同沈下・手抜き工事による建物自体の欠陥などが原因として挙げられます。

*縁切れによるクラック
縁切れによるクラックは、モルタル外壁に起こりやすいです。
モルタルの外壁を作る場合は通常、一面を一度に形成して継ぎ目などを作らないことが基本です。しかし、作業を途中で中止し、部分的にやり直してしまったとします。そうすると、新旧の塗装に継ぎ目ができてしまいひび割れが生じてしまいます。


□ひび割れを起こさないためには?
ひび割れの対処法として何よりも重要なのは外壁塗装を塗り替えることです。
なぜなら、外壁塗装はただ家を美しく見せるだけでなく、紫外線や風雨から家を守ってくれるバリアのような役割を果たしてくれているからです。
そのため、もしも外壁塗装がきちんとされていなければ紫外線や風雨からの被害を抑える機能がないため、外壁はすぐに劣化しひび割れてしまうのです。
ひび割れには様々な種類があり、その種類によってひび割れの原因は様々でしたが、ひび割れが起きたらしっかりと補修し、外壁塗装を塗り替えることが何よりも大切だと言えるでしょう。


□おわりに
以上、ひび割れの種類とその原因や対処法についてお伝えしました。
ぜひ参考にしてみてください。