外壁のひび割れは塗り替えのサイン!外壁塗装は業者に依頼しましょう

みなさんは、外壁にひび割れが入っているのを見つけたことはありますか。

外壁のひび割れは、小さなものなら発見したとしてもそこまで気にならないかもしれません。

しかし、一方でひび割れの数が増えていくと、家の見た目に良くない印象を与えるだけでなく、耐久性や耐震性が心配になってくるかもしれません。

外壁のひび割れが増え始めるのは、外壁の耐久性が失われ始める頃です。

一般的に外壁塗装の耐用年数は10~15年とされています。
10~15年に1度とはいえども、外壁塗装にはそこそこの費用が必要となってきます。

今こそ、外壁とひび割れについて知り、外壁塗装を行う時期なのかもしれません。

そこで、今回の記事は外壁のひび割れについてお話したいと思います。


◆外壁塗装でのひび割れについて
外壁のひび割れは外壁の耐久性が失われ始めると外壁に現れやすくなります。

つまり、雨や風等の天候による劣化や、太陽からの紫外線による劣化がひび割れの原因として挙げられます。

また、業者による手抜き工事も劣化の原因になっています。
手抜き工事とは、塗装する前にホコリを払う外壁の高圧洗浄や、剥がれかかった下地の調整をせずに塗装を行うことです。

これは、完全な悪徳業者になるのでしっかりと業者を選ぶことも大切です。


◆外壁塗装の種類について
外壁のひび割れを見てもらえば分かるかもしれませんが、ひび割れにも大きさや割れ方があります。

例えば、外壁に一番できやすいのが、細長い髪の毛のようなひび割れ、ヘアークラックです。

このひび割れは、塗装の耐久性がなくなると外壁にできるようになりますが、この状態の時は外壁自体が深刻なほどに傷んでいるわけではありません、

しかし、この隙間から雨やほこりが入ることで外壁が傷んでしまうことがあるので気を付けておきましょう。

他にもモルタル素材の外壁であれば、乾燥の過程で起こりやすいひび割れなど、ひび割れにもいくつかの種類があります。

ひび割れの判別は、一般の方には難しいと思います。
そんなときには、塗装業者に依頼してみるのがおすすめです。


◆ここまでのまとめ
ここまで、外壁のひび割れについてお話してきました。

池田塗研では、専門的な知識と技術のある資格を習得した自社職人による外壁塗装はもちろんのこと、最長10年の保証や半年、1年の定期点検などアフターサポートも行っています。

池田塗研では、無料診断も行っていますので、外壁塗装をお考えの際にはぜひご相談下さい。