外壁の剥がれを放置しておくと危険!その理由とは

みなさんは、住宅の外壁が剝がれているのを見かけたことはありませんか。

外壁の塗装が剝がれてしまうとまだら模様になってしまい、傍から見ると少しみっともない外観になってしまいます。

しかし、問題は見た目だけではありません。

外壁の塗装が剝がれると、外壁が露出した部分から外壁が傷んでしまい家の耐久性や住宅の性能が悪くなってしまいます。

そうなる前に外壁の剥がれの原因を知り、修復する必要があります。

そこで、今回は外壁の剥がれとその原因についてお話したいと思います。


◆外壁の塗装が剝がれる原因となっているのは?
外壁の塗装が剝がれる場合には、しっかりと外壁に密着するように塗装できていない可能性があります。

外壁塗装は、基本的に3回の重ね塗りが基本です。

3回の重ね塗りの中で、最も初めの下塗りは外壁との密着力を高めるために、糊のような役割を果たしています。

しかし、その下塗りに使用する下塗り材が外壁の素材に合ったものを使用できていない可能性や、下塗り材が適量で使用されていない可能性もあります。

つまり、外壁を塗装する際の塗装業者の手抜き工事が影響しているかもしれません。

また、経年劣化で外壁塗装が剝がれてくることもあります。

塗料にもよりますが、一般的に10年ごろから塗料の耐用年数を迎え始めます。
つまり、家をお持ちになってからこの月日が経過している場合は経年劣化の可能性があります。


◆外壁塗装剥がれ、始めた時の対策

外壁の塗装が剝がれていたら、できるだけ早い時期に塗装業者に連絡して診断を行ってもらう、もしくは修繕してもらうことが必要になってきます。

外壁の剥がれは、一般的にその箇所を中心に剥がれる範囲が広くなっていき、下層の塗装までも剥がれるようになり、気がつけば手に負えないほど広い範囲に拡大していることもあります。

そして、塗装が剝がれることでその部分から雨などが家に入り込んでしまいます。

特に、建物に木製の素材が使用されている場合には、天井や壁からの雨漏り、建物の内部結露、耐久性の低下の原因となり、家が悲惨な状態になるかもしれません。

ですので、剥がれを見つけたら早めの対応を心がけましょう。


◆ここまでのまとめ
ここまで、外壁の剥がれとその原因についてお話してきました。

池田塗研では、専門的な知識と技術のある資格を習得した自社職人による外壁塗装はもちろんのこと、最長10年の保証や半年、1年の定期点検などアフターサポートも行っています。

池田塗研では、無料診断も行っていますので、外壁塗装をお考えの際にはぜひご相談下さい。