外壁塗装をお考えの方へ!契約時の注意点をお伝えします!

外壁塗装の際に、工事内容や相談した価格内容を確認し、実際に塗装をお願いするかどうかの最終決定の場である契約は、非常に大切です。
今回は、トラブルの発生を防ぐために契約で注意してほしい点と、契約書の役割についてご説明します。

□外壁塗装を契約する時の注意点とは?

外壁塗装の契約で注意してほしい点について3点ご紹介します。

1点目は、契約内容に関して不安や疑問点をなくすことです。
契約を結ぶ前に不安や疑問点がないかもう1度自問自答してみましょう。
不安や疑問点を抱えたまま契約を結ぶと、工事中の作業や工事後の外壁の完成度に不安を抱えたまま生活を送ることになります。
塗装業者の方とは、アフターフォローの際や定期的なメンテナンスを依頼する際など、お付き合いが続く場合も十分考えられるので、互いの信頼関係を築くためにも重要です。

2点目は、契約書の確認です。
契約書の確認を怠ると、後々大きなトラブルが発生する可能性があります。
例えば、工事中の工事内容や完成後のデザインが聞いていた話と違ってトラブルになった場合、どれだけ正しいことを言っても契約書に書かれていなければ証拠になりません。
契約をする際は、必ず契約書類の内容を相互確認して、相互の認識にズレがないことを確認しましょう。

3点目は、アフターフォローの確認です。
外壁塗装工事では、工事後にお家に何かあってもすぐに対応できるよう、アフターフォローが設けられています。
アフターフォローの内容は業者ごとで異なるので、依頼を予定している業者に直接伺ってみましょう。
一般的に、定期的に外壁を点検することを保証したり、保証期間内に劣化が起きた場合はすぐに直してくれることを保証したりしている業者が多いです。

□外壁塗装工事でなぜ契約書が必要なのか?

契約書には、次の3つの役割があります。

1つ目は、依頼主と業者の合意に法的な根拠を与える働きがあります。
塗装業者は、契約書に書かれている工事内容や期間を守って工事を行う責任が生じ、契約書と異なる工事を勝手に行うと、法律違反を犯したことになります。

2つ目は、想定外の事故やトラブルが発生した場合もスムーズに処理できます。
事故やトラブルが発生した場合の業者の対応等を契約前に話し合って契約書に明記することで、実際にトラブルが発生してもスムーズに解決できるでしょう。

3つ目は、依頼内容の明確化です。
契約書がない場合、お願いしたかしてないかを確かめる方法はありません。
契約書に明記することで、工事内容は合っているか、工事内容に関する思い違いはないか等を確認できます。

□まとめ

今回紹介した契約時の注意点を参考にして、トラブルなく外壁塗装を行っていただけたら幸いです。
外壁塗装をお考えの方で疑問点やご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。