いつがベスト?理想の外壁塗装の目安、タイミング

「そろそろ外壁を塗り直した方がいいのかな?」
「長いこと住んでいるけど、いつ塗るのがベストなんだろう?」
などとお考えではありませんか?

意外と知られていないですが、見た目が綺麗だから大丈夫というわけではないのです。
外壁を痛んだままにしていると、雨漏りなどの被害にあってしまいます。

そうはいっても、見た目では分からない場合もあるのに、どうやって判断すれば良いのでしょうか?
そこで今回は、外壁塗装の塗り直す目安、タイミングをご紹介します。


○時期としては「だいたい築10年」が目安!
見た目が綺麗な場合は、外壁を塗り替えるタイミングを知るのは難しいですよね。
目安としては、だいたい築10年が塗り替えのタイミングだと言われています。

住宅の外壁は普段生活していてなかなか意識することはありません。しかし、風雨や紫外線から毎日みなさんを守ってくれているのです。

そうして傷ついた住宅の外壁を塗り替えることで雨漏りなどの被害を未然に防ぐことができます。見るからに外壁塗装が傷んでいなくても、「まだ綺麗だから大丈夫」と放っておかず、築10年前後になったら外壁塗装を検討しましょう。

○塗り直すなら「乾燥に適した時期」がベスト?
外壁の塗装をする場合、塗装が乾くまでの時間で工期が変わってきます。
そのため、湿度の高い梅雨などの多雨な時期や台風の時期は、塗装する際に外壁が多くの水分を含んでしまうため、塗装が少し難しくなります。

また、高所での作業となるため、滑る可能性のある雨や強風時はやはりおすすめできません。
そのため、一年のうちに外壁を塗り直すなら乾燥に適した時期がベストとなります。

しかし、なかなか予定が合わない時期もあるかと思います。乾燥に適した時期がまだ大分先である場合などはよく考えなければなりません。
まだベストな時期でないからと先延ばしにしている間も着々と外壁はダメージを受けていきます。

その間に雨漏りが起こり、梅雨などの多雨な時期に雨漏りが止まらないなどとなっては大変です。
乾燥に適した時期を待つのか、それとも塗り直すなら今がベストだとするのかは状況から判断するしかありません。

池田塗研では、外壁塗装を長年経験してきたプロとして無料で判断のお手伝いをしますので、是非お気軽にご相談ください。


今回は外壁塗装の塗り直すタイミングについてご紹介しました。
池田塗研では無料見積もり、ご相談をフリーダイアルで受け付けております。
外壁の外観や、築10年の時期を基準に「そろそろ外壁を塗り直そうかな」とお考えでしたら、ぜひ一度ご連絡ください。