皆さんのお家の外壁は大丈夫?外壁塗装が剥がれてしまう原因について

家の外壁は毎日降り注ぐ紫外線や雨風にさらされており日々少しずつ劣化していきます。
皆さんの家の外装はどうでしょうか?
ひび割れや膨れ、外壁がはがれていたり、外壁を手で触ると白い粉がついたり、カビやコケや藻が生えていたり、サビがついていたりしませんか?

そんな外装の劣化の症状の中でも早めに対処しておきたいのは「外壁の剥がれ」です。
外壁がはがれていると、そこから剥がれだしあっという間に剥がれている面積が広がってしまいます。
そこで今回は外壁がはがれてしまう原因についてお話しようと思います。

~外壁が剥がれてしまう原因について~
◯下塗り材の下地との相性の悪さ
外壁塗装で塗料を塗布する作業は、基本的に三回あり、下塗り、中塗り、上塗りと行われます。
また、下塗りは下塗り専用塗料を使って塗っていきます。

中塗りと上塗り塗料は同じ塗料である事が多く、外壁を美しく見せる為の美観の機能と、紫外線や雨風から外壁の劣化を防ぐ、防水保護の機能を持っています。

それに対し、下塗り用の塗料は「外壁下地」と「塗料」の密着性を高めるための接着剤のような役割を果たしています。
その為、下地の状態や材質をしっかり調べずに下地材を選択してしまうと、後から塗った塗料がうまく付かずにはがれの原因になってしまいます。

◯下塗り材が適切な量と方法で塗られていない
下地に塗る塗料には適切な希釈量、1㎡あたりに塗る量、塗る回数、乾かす時間などが決まっています。
これを守れていなかった場合も下塗り塗料がうまくついておらず剥がれの原因になることがあります。

このような下塗り材のミスがあったとしても、塗った直後はきれいに塗られて見え、雨風にある程度さらされてから剥離してくるので、施工完了後から数年たってから発覚した場合もあります。

◯下地の処理不足
下地処理には、高圧水洗浄、補修作業(クラック、爆裂などの補修)、ケレン作業(サビや旧塗膜を削り落とす作業)などの様々な工程があり、それぞれにさらに適切な施工方法が決まっています。

例えば、下地処理に使う洗浄機については、高圧洗浄機5~15MPaの水圧で行う必要があり、家庭用の高圧洗浄機ではだめで、必ず業務用を用意する必要があります。
クラック補修はクラックの幅や溝の深さに応じてV字カット工法などで補修する必要があります。
このような決まりを守らずに下地処理をしてしまうと、上塗りの塗装がはがれてしまう原因になります。


このように外壁の剥がれてしまう原因は業者のミスがほとんどです。
低予算での外壁塗装受け入れや短時間での塗装をするような塗装業者に頼む際には、下地処理や下塗りがしっかり行われているかしっかりとチェックし、予算や時間に余裕がある場合には安心して依頼できる塗装業者に外壁塗装を依頼しましょう。