外壁塗装するタイミングとは?まずはご自身でチェックするためのポイント

「そろそろ外壁塗装をする時期なのかな?」
「まだ10年経ってないけど、外壁が汚れているけど大丈夫なのかな?」
など不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ふとした時に外壁の汚れや崩れに気がついたら急に不安になってきますよね。
外壁を塗り替えるタイミングを間違えると、雨漏りなどの被害にあってしまいます。

そのため、しっかりと外壁塗装が必要な時期を見極めることがとても重要です。
そこで今回は、外壁塗装が必要かどうかご自身で簡単にチェックできる見抜き方をご紹介します。


○ひび割れがある
見た目にも明らかですが、ひび割れがあると外壁塗装する必要があります。
雨や風の他にも、地震が原因となってひび割れしてしまうこともあります。

モルタルの壁に多くみられるひび割れですが、見た目も悪い上に住宅の強度にも不安が残ります。
また、ひび割れ部分から雨がしみ込むことで雨漏りの可能性も高まりますので、早めに対処しましょう。

○塗装が剥がれたり、めくれたりしている
外壁塗装したタイミングに外壁に水分が多く残っていた場合によく起こります。
梅雨などの多雨な時期に外壁塗装を行うと発生しやすいと言われています。

また、外壁の素材と塗料の相性が合っていない場合にも発生しやすくなります。
少しずつ外壁に水分がしみ込んでいってしまいますので注意が必要です。

○カビや苔がある
外壁にカビや苔が発生してしまうことがあります。
原因は様々ですが、早めに対処しないと、塗装部分よりもさらに深層まで根を張ってしまうことがあるので注意が必要です。

カビや苔を見つけた場合は、できるだけご自身で除去してしまいましょう。
それでもまだ残っているような場合は、すぐに塗装業者まで連絡してください。

○チョーキング現象が起きている
チョーキング現象という言葉をご存知でしょうか?
簡単に説明すると、外壁の表面を手で擦ってみると、手にチョークの粉のような白い粉がつく現象のことです。

チョーキング現象は、外壁に塗装している塗料の防水効果が無くなると起こる現象です。
前に塗装してから10年経っていない時でも、チョーキング現象がみられた場合はなるべく早く外壁塗装を行いましょう。


今回は、外壁塗装が必要かどうかチェックできるポイントをご紹介しました。
ご自身の目で見て確認できる方法は、今回ご紹介した方法がありますが、やはり塗装のプロの目が一番確かであることは間違いありません。

池田塗研には1級建築塗装技士、雨漏り診断士など一流の職人が在籍しております。
また、無料見積もり、ご相談をフリーダイアルで受け付けておりますので、外壁塗装でお悩みの方はぜひご相談ください。