雨漏りは屋根以外が原因で発生することもある?

雨漏りの原因が100%屋根のせいではないということはご存知ですか。
かなり意外なことですが、実は外壁材が原因で雨漏りが発生してしまうこともあるのです。

そこで今回は屋根以外で雨漏りが起こってしまう2つのケースとそれに付随する業者選びの基礎知識についてもお話していきます。

・外壁材が原因で雨漏りになることも!
いくら防水効果がある外壁材でも、年月が経てば劣化し、それとともに防水効果も低くなってしまいます。
必ず雨が真上から真下に垂直に降ってくるということはなく、風が強い日は横殴りの雨が降って外壁に雨がかかりますよね。
そうなると外壁に雨水がどんどんと染み込んでいき、雨漏りが発生してしまうこともあるのです。

またパッと見はしっかりしている外壁材でも、見えない部分で壁自体が損傷している時も雨漏りが発生しやすくなります。
壁自体の損傷による雨漏りは家自体が傷んでいることもあるので注意が必要です。

・外壁と屋根の境目が原因になることも...
通常、外壁や屋根は雨が上から降ることを想定して作られています。
ですので、台風で横殴りの雨風が長時間吹き付けた場合、耐性があまりないので外壁と屋根の境目から浸水している可能性があるのです。

・雨漏り工事をしたのにまた雨漏りが発生するということも...
雨漏りは屋根以外が原因で発生することもあるため、素人の力で簡単には直せません。
そのため非常に残念なことですが、雨漏り修理を行う業者の中には、あまり十分なスキルを持っていないままに雨漏り修理を請け負っているところもあります。

そういったところに雨漏り修理を依頼したせいで、雨漏りが完全に直らず、お金の無駄使いになってしまったという方も結構いらっしゃるようです。

せっかく修理にお金をつぎ込んだのに無駄になるのはもったいないですよね。
そうならないためにもちゃんとした業者に依頼する必要があります。

・雨漏り診断士がいる業者に任せよう!
建築にまつわる資格の中に「雨漏り診断士」という雨漏りに関する資格があります。
やはり業者に雨漏り修理を依頼するなら、しっかりとした資格を持っている人に任せたいですよね。
またこういった資格は優良な業者選びのポイントの一つになりますよ。


いかがでしたか。
雨漏り修理は、発生原因が屋根だけではないので、素人では簡単に直せない場合が多いです。
そのため、雨漏り修理を依頼したのに、また雨漏りが発生してしまったということもあります。
そうならないためにも信頼のおける業者に依頼するようにしましょう。