外壁にヒビが入っていた!その原因と対処法をお教えします!

一度塗装をしてしまえばおよそ10年は持つと言われている外壁の塗装ですが、その間にも外壁は雨風にさらされることで少しずつ劣化してきています。
「まだ10年経っていないから大丈夫なはず!」と安心するのではなく、外壁の劣化はこまめにセルフチェックをしましょう。
今回はよくある外壁のヒビと対処法について解説致します。

□外壁にヒビが入った、どうしよう?
外壁のヒビは、以下のような原因で起こります。

*年月による劣化
塗料は雨や風、紫外線により日々ダメージを受けています。
ダメージが蓄積するとヒビという形で表に現れてきます。

*塗装時の乾燥不足
「塗装してから1~2年しか経っていないのにヒビが入っていた‥」
そのような経験をお持ちの方はおられませんか?
ひょっとするとその原因は塗装時にあるのかもしれません。
外壁用の塗料には十分な乾燥時間が必要です。
そのため、一般的に塗装後は丸1日かけて乾燥を行います。
しかし乾燥時間が不十分なまま中塗り・上塗りを行うと、塗料が外壁にうまく浸透しないためヒビや剥がれが起こってしまいます。

*揺れ
パッと見でわかるような大きなヒビは揺れによるものが多いです。
大きな地震の後や、道路沿いにあって振動が伝わりやすいお家に起こりやすいです。

□ヒビは自分で対処できるのか
ヒビの大きさによって対処できるかどうかは変化してきます。
細いうっすらとした線程度のヒビ(1mm程度)であれば上から塗料を塗ることで対処できます。
しかし、なかなかご自分では劣化状況がどれくらいのものであるのか判断しづらいですよね。
心配なようでしたら業者を呼んで見てもらうことをおすすめします。

□ヒビに効果的な塗料
ヒビに効果的な塗料として「弾性塗料」と呼ばれるものがあります。
これは一般的な塗料と異なり伸びのある塗料です。
この塗料は地震などの揺れが起こった時に効果を発揮します。
建物が揺れると、塗られている塗料はその揺れについていかなくてはなりません。
揺れについていけなかった場合、外壁と塗料の間にズレが生じヒビが発生します。
弾性塗料は外壁が揺れてもその揺れについていくことができるため、ヒビ防止に効果的です。
また防汚性・耐久性に優れたハイスペックな弾性塗料も近年では開発されてきています。
交通量の多い道路沿いに住んでいて揺れが気になるという方はぜひ弾性塗料をお試しになってはいかがでしょうか?

□さいごに
以上ヒビの原因・対処法について解説致しました。
ヒビにお困りの方はぜひお役立てください。