コンクリート塗装の外壁にしたい!そのメリットとデメリットとは

一口に外壁といってもその種類はさまざまです。
中でも「コンクリートの外壁にしたい!」という方は多いのではないでしょうか?
コンクリート外壁は頑丈で耐久性が高く長持ちしますし、デザイン性も優れているため、デザイナーズマンションなどでよく使用される外壁です。
しかしその特徴をよく理解して使用しないと、意外な落とし穴にはまってしまうかもしれません。
ここではコンクリート外壁をお考えの方に向けて、コンクリート外壁のメリット・デメリットについて解説致します。

□コンクリート打ちっ放しとは
コンクリート打ちっ放し住宅とは、液状のコンクリートを型に流し込んで設計する住宅のことです。
硬化させた後、耐水性を向上させるために外壁には撥水剤を塗布します。

□コンクリート外壁のメリット
*意匠性の高さ
コンクリート外壁は型を使うため曲線を描くこともできます。
そのため木材・鉄材を使用する場合と比べ自由な設計が可能です。
木材にはない独創的なデザイン性が人気の理由の1つと言えます。

*防音性
木材に比べて防音性が高いです。
大声を出したり楽器の練習をしたりしても近隣の迷惑になりにくいことは、特に住宅密集地では嬉しいことではないでしょうか。

*耐震性
コンクリートですので木材よりも頑丈な家に仕上げることができます。
地震で心配な家の歪みや外壁のひび割れにも強いため安心していられます。

*耐火性
コンクリートは耐火性にも優れています。
万が一室内で火災トラブルがあった場合でも、火の広がりを抑えることができます。

□デメリット
*外気の影響を受けやすい
スタイリッシュな設計が可能なコンクリート打ちっ放しですが、コンクリートは熱伝導が高いため、外気の影響を受けやすいことが弱点です。
そのため夏は暑く、冬は寒くなってしまいます。
室内の温度を調節するために外壁側か内壁側のどちらかを断熱加工すると良いでしょう。
しかしその際にも塗る塗料によって質感が変わってきてしまうため、仕上がりが思い通りにいかないこともあります。

□さいごに
以上の通り、コンクリート外壁には木材とは違う良さがあります。
柱を必要としないため空間を最大限利用できますし、形も自由自在なため最大限まで理想に近づけることができるでしょう。
スタイリッシュでおしゃれな家にしたい方にはお勧めです。
しかしその反面で温度調整が難しい、汚れが目立ってしまうといったデメリットもあることをあらかじめ理解しておきましょう。
納得のいく選択をしてくださいね。