東京での近況報告

東京住宅
こんにちわ!

工事部の鈴木です

あっという間に2月突入ですね

千葉のタイル保護塗装は無事に完工し、

現在東京の代々木に来ております

コンクリート
今回、新規コンクリートにコンクリートへの保護+

な、なんとコンクリートに色を付けるという着色コート剤を塗装できるということで

急遽乗り込んだ訳ですが…

直前になって設計士さんの意向で材料が変更になってしまいました

フッ素のコーティング剤になってしまったので非常に残念です

コンクリート本実
杉板本実打ちっぱなしコンクリートの写真です

従来はコンクリートパネル(コンパネ)を型枠材として使用して、シンプルで平滑な打ちっぱなしコンクリートを良く目にすることが多いです

その代わりに杉板本実型枠を使用してこのような木目調のある打ちっぱなしコンクリートに仕上げることができるのです

何とも味わい深い雰囲気を醸し出しています

建築って素晴らしい

足場
隣との敷地面積が狭いために、このような単管で足の踏み場を確保しております

東京をはじめ、関東周辺では単管足場は当たり前の様です(笑)

昇り降りも大変だけれども、作業時踏み外さないように気を付けなければなりませんね

ピンホールの穴埋め作業で上がらせてもらいました


セラグリーンサンプル作り
最後に㈱グリーンドゥさんに直接訪問した際に、丁度セラ8000の見本を作成中で

塗装の色見本と作り方は原則一緒でしたが、コンクリート観を出すために何種類もの色を使い試行錯誤しておりました


コンクリートの色と言えばグレーですが、

そのグレーでさえも濃い・薄いもあれば、少し黄色味のあるグレーを足したりして。。。



セラ8000でのアート
途中経過ですが、美術の作品並に味わい深い見本ができてますね

これを東京の某テーマパークに持っていくそうです!

打ちっぱなしコンクリートの建物ははスタイリッシュでデザイン性が魅力的です

その建物を守る上で防水性も兼ね備え、保護性能も十分。

そして何より色を付けることができるセラ8000は可能性を秘めている商品だと率直に感じました

打ちっぱなしコンクリートへの塗装は是非ともセラ8000



さて、そろそろ山形に戻りますかー