今年も日本一の芋煮会フェスティバルの大鍋を塗装しました!

こんにちは

代表の池田ですお久しぶりです!

9月28日に山形の秋の風物詩、大大イベント「28回日本一の芋煮会フェスティバル」が開催されました!
私は毎年スタッフとして参加しております。

28年も続いている芋煮会は全国からツアーなど旅行客が多いく3万食の芋煮が完売します!
鍋だけが凄いんじゃないんです!

直径6mの大鍋に里芋3トン牛肉1,2トン、ねぎ3500本
こんにゃく3500枚、醤油700リットル、日本酒50升、砂糖200kg、山形の水6トンを入れ
6トンの薪で煮炊きをします!すべて山形産を使用しております。

工事用の重機を二台使用しますが、どちらも新車です!
一度ばらしグリスをふき取り、バターやマーガリンを塗って戻します!


私はこの鍋を子供のころから見てきました。
イベントが終わると馬見ヶ崎沿いに飾ってありますので通るたび
凄い鍋だな~と思っていた記憶があります!
飾っている鍋の土台に協賛している企業様の名前があり
山形の有名な企業様が協賛しあって
この鍋ができていて、いつか携わりたい!と子供ながら思っていたのを思い出します

その願いも、いつの間にか自然に叶っていました!これも運命なのか。
しかも自分の職種を生かせるとは思ってもいなかったですが汗
こうして大人になり事業を起こし微力ながらですが、協賛できるとも思ってもなかったです(笑)

毎年、大鍋の塗装を任せられていますが、どういった塗料を使用するの?とご質問が結構ありましたので
ご説明します。一般的の塗料は火をあてると燃えやすく非常に危険ですが
耐火塗料は数ミリの塗膜で優れた耐火性を発揮する耐火塗料です。

火に強く、燃えない基準に合格した塗料の事を言います。
他にも耐熱塗料、断熱塗料、遮熱塗料などいろんな塗料があります。

遮断熱塗料のご説明はこちら



芋煮マン
こんな感じに仕上がりました!

こうやって私の職人としての技術で地元山形に貢献し、自分の腕で山形の建物を塗装しお客様から喜ばれる・・・
最高の天職です

今回は芋煮マンのキャラクターも古くなってきたという事で塗装しました!

キリンのCMで見た方もいると思いますが・・今回、なんと!嵐の相場君が3m鍋の中に入ってくれました

28日当日はあいにくの雨でしたが・・雨でも完食という凄さ!
大変でしたが大成功に終わり、また来年!と、こうやってまた冬を迎えられますね!

お祭り気分もこの辺にして仕事をもっともっと気合をいれていかなければなりませんね!

只今、着工の現場が 
山形市アパート全塗装
鶴岡市工場 全塗装
寒河江市 屋根塗装
長井市 左官補修及び外壁塗装
山形市 内部塗装
の現場をやらさせて頂いております。

毎日現場がある・・なんて幸せなのか汗 仕事が少なかった過去を思い出すと冷汗が
過去があるから今がある!これを忘れず忙しくても調子に乗らず1つ1つ丁寧に!お客さまのお家を全力で塗装してまいります!

これからも池田塗研をお願い致します!




日本一の芋煮会