山形市 某工場 鉄骨塗装

こんにちわ


工事部の逢坂です


今回は山形市の鉄骨塗装の作業内容をご紹介します。


初めての職長任せられました


事前に社長と工事部長から安全衛生教育&現場管理を職長教育を受けて


期待と不安が入れ混じっている中


先輩方のサポートを受けながら、無事完工することができました


ありがとうございました


それでは参りましょう

施工前写真

鉄骨梁の施工前写真です


サビが酷くて、既存の色が見えない程進行していました。。

IMG_64801

塗膜が浮いていますね。。


皮スキやスクレーパーで剥かないといけませんね

IMG_64811

剥がれている部分を十分に剥いた後に


ガンコやサンドペーパーでケレンしている写真です

IMG_64821

どんなに塗装で綺麗にしても下地処理を怠れば


塗装の寿命は短いものです

IMG_64831

それではサビ止め塗装に入ります


最初に材料(ネタ)を多く含んだローラーを付けていきます


職人さんの間では「材料」=「ネタ」と言います

IMG_64841

ローラーで均等に伸ばしていきます


厚くても薄くてもダメなので均等にならすことが大事ですね


特に材料を多く付けすぎて乾燥してしまうと「ダレ」や「ダマリ」に


なって、仕上がりに大きく影響してしまいます(>_<)

IMG_648511

次に上塗りにしていきます


ラジカル制御型の塗料なのでシリコンよりも遥かにグレードが高いので、長く綺麗を保ちます


仕上がりの場合は特に抜けがあってはならないです

IMG_64891

ボルト周りの細かい部分は刷毛でダメ込んでいきます


先輩からは「ガジャガジャ塗れ」と言われます


手首の返しが大事になってきますね✨


迅速かつ丁寧にが基本です

IMG_64911
仕上がりの写真です
IMG_64951
色合いもばっちりです
IMG_64981

これからももっと職長として現場を預けて貰えるように


自分の腕を磨いていきたいですね